商標に関する民事紛争

商標権侵害者へ警告したい

  • 警告書はどう書くの?
  • 取引先に警告しても大丈夫?
  • 警告を無視された場合はどうする?

詳しくはこちら

商標権侵害の警告を受けた

  • 商標は類似してる?
  • 刑事事件になるの?
  • 並行輸入品は侵害にならない?

詳しくはこちら

商標と契約の問題

  • 契約書はなぜ必要なのか?
  • 取引先等との契約終了後、商標をそのまま使用できますか?
  • 商標ライセンスや譲渡契約とは?

詳しくはこちら

商標諸問題(インターネット等)

  • インターネット関連の商標問題はどういうのがあるの?
  • URLの使用は商標権侵害と関係あるの?
  • ネット広告と商標問題は?

詳しくはこちら

商標問題が近年急増しています。

商標に関する民事の弁護士が介入する紛争としては、商標権侵害の問題(商標権侵害に基づく差止請求・損害賠償請求等)をはじめ、商標権の譲渡、商標ライセンス契約、契約から派生する商標使用の問題等があります。

また、近年では、商標の不当な取得による問題、インターネットと商標、並行輸入に関する法的問題も多発しています。さらに、不正競争防止法と商標が交錯する場面に多数出くわします。

商標権は、独占排他権ですから自己の独占的使用、他人の使用を排除する強大な権利です。商標権者であれば、第三者の使用を発見すれば、まずはそれを相手に伝えるところから始まるのが一般的です。これが俗にいう商標権侵害の警告というものです。なお、商標権侵害の警告については、やり方を間違えると信用棄損されたとして逆に損害賠償請求されることもありますので弁護士へ相談してから行う等、相当の注意が必要です。

商標侵害の警告により相手方が侵害を認め使用を中止すれば早く解決するのですが、商標権侵害を認めないケースや損害賠償金などを含め争いがある場合には弁護士を代理人として法的手続をとり、商標使用差止や損害賠償を求め、裁判所へ提訴することとなります。

一方、競業他社や海外の有名ブランドを有する会社から商標権侵害の警告書が届いたがどうすればよいのかとのご相談も多数寄せられます。

競業他社との問題は事業活動の根幹に関わる問題であり何としても解決しなければなりません。また、海外の有名ブランドを有する会社の多くは弁護士に委任して商標管理を徹底しています。特に偽ブランド品の輸入販売に対しては、厳しい態度を取り、弁護士名の入った商標権侵害の警告書の送付はもはや日常茶飯事といった感じだと思います。

ただ、実際、商標権侵害というのがどのような場合に成立するのかケースバイケースであり、色々な要素もあり、それを判断するのはかなり専門的な知識、経験が必要な状況となってきております。近年では並行輸入も盛んに行われており、当事務所の弁護士にも総代理店側、並行輸入業者側、いずれからの相談も増えております。

さらに、近年のインターネットの発達により、インターネットネット上での商標のご相談が多く寄せられます。

インターネットモール運営者は特に最近、商標権侵害に対して敏感になっており弁護士名義でモール内の店舗に警告等もしています。ネットショップにおいて並行輸入品を取り扱っている会社では商標権侵害の問題はよく発生する問題です。また、インターネットに関連する商標問題はインターネットの知識と商標の知識の両方が要求されることになります。ドメインと商標、モール内での商標権侵害の問題、HP中のどのような表記が商標権侵害の問題が生じるのか等難しいところがありますので、弁護士への相談される際には、実際のサイトを見せながら説明されるほうがよいと思われます。

また、商標と契約の問題は密接に関連しています。商標は財産権ですから譲渡や貸し出し(ライセンス)をすることができ、その際には契約書が作成されます。契約問題については弁護士が詳しいです。

その他ご相談が多いのが、元々仲良くやっていた企業が、あるとき仲間割れしたときに商標と契約が交錯することがあります。仲間割れする場合、双方が同一の商標の継続使用を欲するケースが多いためです。この場合、契約上、商標の扱いについて明記されていればそれに従うことになり、従わなければ契約上の責任を追及していくことになります。また、契約責任とは違い、商標権者の立場として商標権に基づいて権利行使する場合もありますが、事案によっては権利の濫用となる裁判例も結構見受けられます。さらに不正競争行為としてその差止めや損害賠償請求を求めていくことも検討することが必要となります。商標、不正競争と契約が絡むような問題では、商標だけでなく不正競争防止法、さらには契約実務に精通している弁護士への相談が重要となります。

商標のご相談は当事務所の弁護士までお気軽にお問い合わせください。        

商標権侵害に関する記事

商標権侵害に関するQ&A

  • 他人の登録商標を入れた形のインターネットHPを作成したのですか商標権侵害となるのでしょうか
     インターネットに絡む商標の判断は裁判例でもそれほど多くありません。メタタグ説明部分に他人の登録商標を入れたものについて商標権侵害とされた裁判例が過去にあります。具体的事情、どういうような表記となっているかによって結論が異なりますので、別途弁護士までご相談ください
  • 名刺へ他人の登録商標と同じロゴを入れたのですか侵害となるのでしょうか

     名刺での使用は、商品や役務の広告のために使用しているのではないため、多くの場合商標の使用に該当しません。もっとも、近年自社のサービスを宣伝する意味で名刺中に商品や役務の記載があるような名刺が増えており、このような場合には、商標の使用に該当し、商標権侵害の問題は生じ得ます。

  • 無効審判と侵害訴訟をまとめて受任していただけるのでしょうか
     弊所は代表弁護士が弁理士資格を有し、他にも弁理士も在籍しており、特許庁での審判手続、裁判所における訴訟手続について両方を一挙に代理して対応可能です。これにより特許庁での主張と裁判所での主張が矛盾することを防ぎ、一貫した主張の元で戦いをすることができます。
  • 商標権というのは何年間有効なのですか
     存続期間は10年ですが、何度でも更新することができます、長く使用すればするほど業務上の信用が化体し、しかも独占させることについて弊害も少ないため、出願日から20年で満了し、以後更新制度がない特許制度とは異なります。

ページトップへ