商標・弁護士による総合相談

商標権侵害等の民事事件、商標法違反刑事事件、商標登録のご相談、その他商標に関する問題は、商標権侵害・商標法違反・商標登録を多数取り扱う弁護士へご相談ください。

「商標民事事件」の記事一覧

並行輸入と商標

 並行輸入した商品の販売と商標権の問題はよく相談を受けるものです。並行輸入業者及びその販売業者に対して真正商品を製造販売するブランド会社が警告書を受けるケースは相当数あります。並行輸入品が商標権侵害とならず適法となるか否 […]

不使用商標の取消審判

 商標登録の取消を求めるのが不使用取消審判です。商標権者は、商標登録時に5年分又は10年分の登録料を支払っていますので、5年乃至10年間、特に何もしなくても権利自体は維持されます。ただ、商標法は、商標は持っているだけで価 […]

商標と不正競争行為

 このサイトでは主に弁護士の視点から、商標法に関することを説明しておりますが、商標法を補完するような法律として不正競争防止法というのがあります。商標法と不正競争防止法とは密接に関連しています。 商標法と不正競争防止法の重 […]

商標権侵害の差止・損害賠償

商標権侵害の差止   商標権者であれば、商標権を侵害している者に対して、商標権侵害の停止、すなわち商標の使用の差止を求めることができます。商標権侵害の差止請求については、行為者側には故意も過失も不要です。  商標権侵害の […]

インターネットと商標権侵害

インターネットと商標権侵害  インターネットの発達と共にインターネットに関連する商標権侵害に関する弁護士への相談が激増しております。インターネット上の商標権の問題としては、ネット上の仮想店舗における商標権侵害の問題、商標 […]

商標権侵害の警告書が来た際の対応

 インターネット上でショップを運営していると、ある日、突然弁護士名義の商標権侵害を理由とする警告書が届くことがあるかと思います。そこには、対応しない場合、法的措置を取ると強い表現がなされていることもあるかと思います。以下 […]

商標権侵害で警告したい

  商標権者であれば、自ら取得した商標権を活用して事業活動を行いたいと考えているかと思いますし、積極的に商標権を活用するのではなく、事業を守るために商標権という武器を使用せざるを得ない場合があります。商標権については、商 […]