商標・弁護士による総合相談

商標権侵害などでお悩みの企業様、商標法違反被疑事件等でお困りの方 商標に関する問題は弁護士へご相談ください

「商標民事事件」の記事一覧

並行輸入と商標

 並行輸入した商品の販売と商標権の問題はよく相談を受けるものです。並行輸入業者及びその販売業者に対して真正商品を製造販売するブランド会社が警告書を受けるケースは相当数あります。並行輸入品が商標権侵害とならず適法となるか否 […]

URL・ドメインに関する商標問題

 URL中に登録商標が含まれるようなケースで商標権侵害となるか否かはケースバイケースです。また、ドメイン名の部分に他人の登録商標を使用している場合には商標権侵害の他、不正競争防止法に基づいて差止請求等が可能となる場合があ […]

不使用商標の取消審判

 商標登録の取消を求めるのが不使用取消審判です。商標権者は、商標登録時に5年分又は10年分の登録料を支払っていますので、5年乃至10年間、特に何もしなくても権利自体は維持されます。ただ、商標法は、商標は持っているだけで価 […]

商標と不正競争行為

 このサイトでは主に弁護士の視点から、商標法に関することを説明しておりますが、商標法を補完するような法律として不正競争防止法というのがあります。商標法と不正競争防止法とは密接に関連しています。 商標法と不正競争防止法の重 […]
商標ライセンス・譲渡交渉

商標ライセンス契約

 商標権は他人に貸し出す、すなわち、商標の使用許諾(商標ライセンス)をすることや、逆に商標を借り受けることもできます。ライセンス形態としては、非友好的なライセンス(商標権侵害している状況であるが、現実的な点からすぐに使用 […]
商標譲渡、商標の警告、交渉

商標権の譲渡

商標権の譲渡態様  商標権は、一種の財産権のため、原則として第三者に対して自由に譲渡することができます。商標権の譲渡には、事業に伴わない商標権だけの譲渡、事業と共に行う商標権の譲渡(事業と共に譲り受ける)があります。   […]

商標に関する契約のご相談

 商標権の譲渡契約や商標ライセンス契約以外にも商標に纏わる契約はいくつかあります。通常の取引基本契約や代理店契約においても商標の使用の仕方が規定されていることもありますし、OEMなどの製造委託契約、共同開発した商品に関す […]

商標権侵害の損害賠償

 商標権侵害を故意又は過失によって行うと、不法行為に該当し損害賠償責任を負うことになります。損害賠償請求は、通常民法709条に基づいて行うものであり、請求する側(商標権者)は、商標権侵害訴訟において、故意過失、商標権侵害 […]

商標権侵害の差止

 商標権者であれば、商標権を侵害している者に対して、侵害の停止すなわち商標の使用の差止を求めることができます。差止請求については、相手方には故意も過失も不要です。  商標権侵害の場合の損害賠償というのは損害不発生の抗弁に […]

ネット上の商標問題のご相談

 インターネットの発達と共にインターネットに関連する商標の弁護士への相談が激増しております。インターネット上の商標権の問題としては、ネット上の仮想店舗における商標権侵害の問題、商標に絡むドメイン関連、HP構造(メタタグ、 […]