ネット上の商標問題のご相談

インターネットの発達と共にインターネットに関連する商標の弁護士への相談が激増しております。

インターネット上の商標権の問題としては、ネット上の仮想店舗における商標権侵害の問題、商標に絡むドメイン関連、HP構造(メタタグ、タイトルタグなどにおける商標権侵害)関連、ネット広告(アフィリエイト広告、検索エンジンの有料広告等)関連等、商標に絡む弁護士への相談は多岐に渡ります。

以下、それぞれの項目について概略を説明したいと思います。インターネット上の商標の問題は多岐にわたりますので、判断に迷われたら商標を取り扱う弊所弁護士までご相談ください。

インターネット上の店舗と商標権侵害

たとえば、楽天市場・ヤフーショッピング・amazon等、大手インターネットショッピングモールに出店している方から、商標に関する様々な相談が寄せられています。

店舗名に関する第三者との間の商標権に関する紛争(商標権侵害の問題、これは通常のものと同じです。)をはじめとして、ショッピングモール運営会社に届いた商標権侵害に関する内容証明郵便への対応、モール運営会社からの商標権侵害を理由とする規約違反に伴う出店契約の解除通知、などが主なものです。

それぞれのインターネットショッピングモールには、その出品出店形態において特徴がありますので、商標権侵害か否かという点についてもモールの特徴を理解した上で判断する必要があります。

また、最近ではヤフオクやメルカリなどのオークションサイトでの商標権侵害その他商標に関するトラブルも発生しています。

URL,ドメインと商標

ドメインに関する商標のトラブルは、他人の商標を一部に含んだドメインや他人の商標に類似する商標を含んだドメインを使用しているケースが多いです。

ドメイン取得は早いもの勝ちであり、トップレベルドメイン(「.com」や「.jp」等の部分)が異なり、それ以外は全く同じものを取得することもできます。また、日本語ドメインも存在するため、他人の登録商標をそのまま含む日本語ドメインを取得されるケースもあります。

悪意の取得への対応としては、任意の交渉にてドメインの放棄や譲渡を求め、それでもダメなら弁護士等に依頼して紛争処理仲裁機関に対して申立をすることで取消や譲渡を求めたりすることになります。また、弁護士を代理人として裁判手続を利用し不正競争防止法2条1項12号(ドメインの不正取得、使用等)を根拠にドメインの使用の差止等を求めることもあります。

ドメインが自他商品役務識別機能を発揮するような形で使用されているようなケースでは、商標権侵害となると判断された裁判例もあります。

 

 

HP構造(メタタグと商標等)

HP構造に関連するものとして有名なものは、メタタグ中に他人の登録商標を組み込んで商標権侵害とされたものがあります。

これはメタキーワード中に入力したものではなく、メタdescription中に組み入れた商標権侵害の事件です。メタdescription部分は、検索エンジンにおいて検索すれば、タイトルの下にサイトの説明文として表示されるものであり、商標が含まれいる部分を視認することができるため自他商品識別機能を発揮し得るものがあり、商品や役務との関係で商標権侵害となる場合があります。

一方、メタキーワード自体は画面上表示されず直接視認されないため、これが商標権侵害となるかについては議論のあるところですが、最近では否定する裁判例があります。もっとも、キーワード部分に他人の登録商標を入力しているようなケースでは、HP中の表示領域のいずれかの部分にも同様のキーワードが使用されているケースが多く(最近ではキーワードだけ入れてもSEO効果が薄いといわれている)、いずれにせよ、その点を捉えて商標権侵害として弁護士が対応することも多いかと思います。

また、商標とは異なりますが、他人のHPの文章等を複製しているようなHPでは、著作権侵害の問題も生じます。

ネット広告と商標

現在アフィリエイト広告が盛んに行われ、SEO対策として商品紹介の文章中にライバル会社の有名な商品名(登録商標名)を入れ込んでいるものが結構見受けられます。

これに関連する商標権侵害の問題、場合によっては、著作権の問題なども生じますので、弁護士へ相談して慎重に検討する必要があります。商標権侵害となるか否かは、商品説明中に使用されている商標が自他商品識別機能を発揮し、商標としての使用といえるか否かという点になります。

また、検索エンジン会社が提供する有料広告において、他人の登録商標を検索ワードに指定することも行われているとの相談も弊所弁護士へよく寄せられています。

これらネット広告に関しても商標権侵害の問題を生じ得るものですので注意が必要です。

ページトップへ